ネットショッピングは「ちょコムeマネー」

ちょコムeマネーはインターネットのみで利用出来る電子マネーです。

ちょコムeマネーを利用するお目当てでは、会員登録をしなければなりません。

会員登録をしたケース、アカウントに相当する「ちょコム貯金箱」が設立されます。

ちょコムeマネーは、チャージするプリペイド方式となっています。

お手続が完了したら、次はちょコム貯金箱への入金ですが、コンビニのストアー舗やクレジットカード、インターネットバイキング銀行ATMからのチャージが可能となっています

チャージしたら、ちょコムeマネーを利用してショッピングすることが出来ます。

ちょコムeマネーは加盟ストアーのネットストアーで利用することが出来ますが、直接は使えないストアーもあります。

しかしながら、クレジットカードのマスターカードが使えるサイトであるのなら、「MasterCardねっと」と言うサービスでクレジットカードとして使えて楽です。

クレジットカード番号を発行してくれるサービスですので、マスターカードとしてちょコムeマネーを使ことが出来ます。

ちょコムポイントがたまるとちょコムマネーに交換するやり方もあります、。

貯めたポイントを交換してうまく利用することによってお得になります

あまったちょコムマネーは、ほかの電子マネーやギフトカードに交換したりと払い戻すことが出来ます。

お友達がちょコムマネーを利用していたら、ちょコム貯金箱同士でeマネーをやり取り出来ます、。

容易お手続で、手数料もかかりません。

すさまじく楽で使い易い電子マネーです。

ウェブサイトの決済なら「ビットキャッシュ」

ビットキャッシュは、ネット決済専用の電子マネーです。

動画や音楽のダウンロードから、SNSやオンラインゲーム等のウェブサービスでの決済に利用されています。

現金感覚で気軽に利用することが出来ます。

2013年には年間の決済額が615億円と多くの方がビットキャッシュを利用している実績があり、心置きなく利用することが出来ます、。

ビットキャッシュを利用するには、まず、ビットキャッシュを買入しなければなりません。

最も容易なのはコンビニエンスストアで買入するやり方で、ビットキャッシュカードで買入したり、あるいはお試し品カードを利用して買入します。

コンビニ以外でも、ゆうちょ銀行ATMやじぶん銀行、ディスカウントストア「MrMAX」でも買入することが出来ます。

買入したビットキャッシュはグリーやモバゲー等のオンラインゲーム、DMM.comやニコニコ動画等音楽や動画のダウンロード、アメーバ等のSNSでの決済に利用することが出来ます。

カードやレシートに記載されているひらがなIDを入力して、支払額を入れれば終わりです

残金も映されるので心置きなく利用することが出来ます。

クレジットカードと言うのは異なり、あらかじめ入金された分しか使えませんので、つい使いすぎたと言うこともありませんし、18歳未満の方でも決済が出来ます、。

ビットキャッシュをよりお得に利用するなら「ビットキャッシュメンバーズ」がおススメで、会員登録してあれば、ビットキャッシュでのお支払いごとに「びっ得コイン」がもらえ、たまったら「マイビットキャッシュ」にチャージして利用することが出来ます、。

ネットをご利用な方にはお得な電子マネーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください