全国で使える電子マネー「おさいふPontaカード」

おさいふPontaと言うのは、プリペイドシステム付きのPontaカードです。

プリペードカードと言いながら、クレジットカードのブランドであるJCBの名前が入っています。

JCBに加盟しているストアー舗であるのなら、おさいふPontaを利用することが出来ます

JCBの加盟ストアーは、ニホン国内だけでも約900万ストアーあります

ですので使えるところはすさまじく沢山です。

おさいふPontaカードを発行するには、ローソンストアー舗に行けば大丈夫です

入会金や年会費は0円で、発行もお金がかからずに創ることが出来ます。

おさいふPontaは、カードを利用するごとにPontaポイントがたまります。

ローソンでのお買い物だと税抜100円に対して1ポイント、それ以外のJCB加盟ストアーだと税込500円に対して1ポイントつきます。

還元率にしたケース多ストアー舗のケースは0.2%しかないので低めです。

手持ちのPontaカードのポイントをおさいふPontaに移行することが出来ます、。

チャージに対しては、おさいふPontaは、プリペードカードと言うことで、お金をチャージした上で利用することになります。

チャージやり方は、ストアー舗での現金チャージで、1回につき1000円から最大30000円までのチャージが可能となっています。

次にクレジットカードでのやり方です。

これは、単純に言うと、ノーマルのクレジットカードの一括払いと同じになります。

その際は、おさいふPontaはJCBブランドですので、JCBに対応しているストアーでしか使えないことをご捕捉下さい。

他と比較したケースにもおさいふPontaが使えるストアーの数がすさまじく沢山のがメリットの電子マネーになります。

ソフトバンクを利用している方なら「ソフトバンクカード」

大手者の通信事業者の最後の1社であるソフトバンクでは、新たにプリペードカードの「ソフトバンクカード」を発行しています

Tポイントと提携もしています、。

プリペードカードと言っても、VIサービススポットブランドが採用されているので、ワールド各地に存在するVIサービススポット加盟ストアーでクレジットカードと同じように利用することが出来ます。

このカードの持つメリットは、Tポイント替りになり、しかもTポイントが最大3倍貯まるのでお得だと言うこと。

身内や友達等が持っているソフトバンクカードにも送金が出来るので楽。

VIサービススポットのストアーでワールド中で使えるけど、プリペード額しか使えないため使いすぎることがないので安心、審査不要で12歳から持つことが出来ると言うこと。

これらがメリットなります。

12歳から持てると言っても、チャージされている額面のスポットで、ちょっとした買い物ができ、お子様が使いすぎることがないように配慮されているので安心です。

ソフトバンクカードは、前提要素として、ソフトバンクの携帯電話を契約している人でなければなりません。

発行する際は、ソフトバンクのストアーで申し込むことが出来ます、。

入会金や年会費等はまったくかかること言うのはありません。

ソフトバンクカードはプリペイドカードですので、カードにチャージしなければなりません。

チャージの手法は5つあり、「お任せチャージ」「ソフトバンクでまとめて支払いチャージ」「Tポイントでチャージ」「口座振替チャージ」「銀行振込チャージ」があります。

契約によってポイントの貯まり方も違ってくるので、お得なものを申し込むといいかとおもいます。

バリエーション豊富な電子マネー「WebMoney」

WebMoneyは、プリペイド型電子マネーの一種です。

コンビニエンスストア等でWebMoneyを買入して、インターネットショッピング等で利用するのが世間一般的です

ネット決済専用のものをはじめとして色々な部類があり、扱い方にもバリエーションがあります。

WebMoneyには大きく分けて、「使い切りスタイル」と「くり返し使えるスタイル」とがありスタイルによって始め方が異なります

使い切りスタイルのなかにも「シートスタイル」「ギフトカード」「特定加盟ストアー専用スタイル」とがあります。

「シートスタイル」は、バウチャーとも呼ばれ、市販ストアーのレジやストアー舗に存在する端末で買入でき、チケット状になっています。

買入は1円単位で出来て、面倒な登録お手続も不要で、ポイントの有効期限も特にありません。

「ギフトカード」は、市販ストアーのレジで市販されており、チケット状ではなく、カード状なのがシートスタイルと言うのは異なる点で、それ以外はシートスタイルと変わりはありません。

「特定加盟ストアー専用スタイル」は、市販ストアーのレジや端末で買入出来ますが、1円単位の買入は出来ません。

オンラインでもリアルストアー舗でも、クレジットカードとしても利用したい方は「WebMoney Card」を利用するといいとおもいもいます。

直ぐに利用したいケースは、「WebMoneyカードケース」と言うスマホアプリケーションをインストールすることによって直ぐに利用することが出来ます。

ウェブマニー加盟ストアーでの「アプリケーション支払い」を選べば、プリペイド番号等の入力が必要なく払うことが出来ます

アプリケーション内で、カードごとの残高やチャージや利用履歴の表示ができて、把握も容易になっています、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください