電子マネーは「クイックペイ」

クイックペイはJCBカードが広く展開している後払い式の電子マネーです。

電子マネー黎明期から存在していて、ドコモが広く展開しているiDとライバル関係にあります。

クイックペイは後払い式ですので、電子マネーの残高を心配する必要がありません。

その一方で、支払いがクレジットカードを経由する形になるので、クレジットカードの発行が必須となってきます。

クイックペイの最大の特徴は後払い式でクレジットカードと紐づけられているので、クイックペイそのものにはポイントサービスはありませんが、各クレジットカードのポイント還元率に依存します。

クレジットカードと紐づけしているので、チャージが不要になります、。

チャージの手間がいらないのもありがたいですよね。

クイックペイだと、サインの不要や暗証番号不要でサクッと支払うことが出来ます、。

ポイント還元率の高いクレジットカードをクイックペイを結び付けて利用することがポイントもたまりお得となってきます。

しかしながら、クレジットカードのなかでもクイックペイと紐づけ出来ないものもあるため、注意が必要です。

クイックペイのデメリットは外国やネット通販では利用することが出来ないと言う点です

外国やネットショッピングで利用した時は素直にクレジットカードを利用することをおススメします。

後払い式の電子マネーで支払いが楽なクイックペイはJCBが広く展開していることもあり、JCBカードを保有者を中心に利用している人も沢山です。

ポイントも貯めながらクイックペイを利用するのが楽ですね。

ドコモでお得に「DCMX」

DDCMXと言うのはNTTドコモでおさいふケータイです

ありのままに利用してみると分かりますが、携帯電話が財布替りなってたいへん楽です。

レジでの支払いもいちいち財布からお金を出すこともなく、「ピッ」とするだけで容易に買い物を行なうことが出来ます。

DCMXは入会金いらずで、年会費も0円となっています。

1年の間に1度でもおサイフケータイを利用していれば、翌年の年会費もむりょうとなってきます。

ですので、実質はずっと0円であると言うことですよね。

随一のお得と言えば、ドコモの電話料金をDCMXで支払うだけで、ドコモのポイントが最大で2倍もたまります、。

ノーマルに支払うと比べるとかなりお得です。

そして、DCMXならば、携帯電話を紛失した時も最大1万の携帯保証がついてきます。

コンビニ等で買い物する度に、おサイフケータイで支払うことで、ドコモポイントが1ポイントついてきます。

ドコモポイントは1ポイント1円です。

電子マネーやポイントカードを、ケータイ一つですっきりと持ち歩け、まとまり・かさばらないを実現しています。

サッと取り出してかざすだけですので、扱い方も容易ですし、スピーディにお支払いが出来るのが嬉しいところですよね、。

おサイフケータイで電子マネーを利用することによってモバイルdポイントカードを設定したケース、お支払いとdポイント付与がスマホをかざすだけでスマートに使獲得するようになります、。

お得な情報やキャンペーン等の案内もよくあるので、お得にDCMXを活用してみて下さい

関西圏の電子マネーは「ICOCA」

交通系ICカード「ICOCA(イコカ)」はJR西ニホンが広く展開しています。

近頃は交通系のICカードの全国相互利用が出来るようになっているので、東京や福岡、北海道等でもICOCAを利用出来ますし、電子マネーとして利用することによって買い物にも役立つICカードです、。

ICOCAには幾らかの部類があります、。

それが、一定ステップのICOCA、クイックチャージ可能なSMARTICOCAの2部類だけでなく、「ちびっこ用」と定期券を印字した「ICOCA定期券」の部類となっています。

ICOCAは全国のどの鉄道会社の電車も乗車することができ、電子マネーも全国で利用することが出来ます、。

電子マネーも全国で使えるようになったため、ICOCAはかなり役立ちます。

今までの改札の通過だけでなく、電子マネーとして積極的に利用してみて下さい。

ICOCAを初めて買うケースは2000円を支払います。

これは、1500円分がチャージされ、残りの500円は解約時に返金されます。

その為実質0円で創ることが出来ます

ICOCAは事前チャージ型の電子マネーですので残高がなくなる前に定期的にチャージする必要があります、。

チャージは、「チャージ専用機」「自動券売機」「のりこし精算機」「ストアー(コンビニ等)」ですることが出来ます。

定期的にチャージするのが面倒と言う方にはSMARTICOCAに切り替えることで面倒さを克服出来ます、。

オートチャージシステムはついていませんが、クイックチャージ機にSMARTICOCAを投入して希望するチャージ額面をタッチするだけで直ぐにチャージが完了します。

しかしながら、これはクレジットカードと結び付ける必要があります。

その為SMARTICOCA対応のクレジットカードを準備する必要があります

これを利用することによって電車や電子マネーの額面に応じてポイントがたまるメリットがあります。

是非、利用してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください