1枚持ってれば安心の電子マネー「Suica」

「Suica」は、JR東ニホン等の首都圏の鉄道やモノレール等カバーする電子マネーのICカード乗車券です

近頃ではモバイルSuicaの普及も進み、一定ステップの買い物での電子マネーとして利用が可能になりました。

Suicaは、コンビニ・飲料自販機・飲食ストアー・ドラッグストアやタクシーと色々な立地で使えます。

お支払いがスムーズになり、おつりが出ないので、小銭も増え、財布がふくらむことも少なくなりました。

Suicaはレストランやショッピングセンター等でも使えるのでもし、財布を忘れてしまっても、このカード1枚あれば大丈夫です。

利用している時に一番気になるのが残高不足ではないでしょうか、。

でも、大丈夫です!実はコンビニでもSuicaチャージが出来るんです。

主なコンビニで現金チャージが出来るので、レジで残高を心配することなくお会計を行なうことが出来ますし、コンビニでチャージしておけば、その後の利用も心置きなく利用することが出来ます。

JR東ニホンが広く展開している交通系ICカードのなかで比較したケースにも国内でもTOPクラスの普及率を誇る電子マネーです。

カードをタッチするだけで、改札の通過、Suica加盟ストアーでのお買い物に楽で、電子マネー対応携帯と紐つける「モバイルSuica」を使えば、持っている携帯電話がSuicaカードと同じ使命を果たします。

Suicaカードを利用して買い物を行なうことでポイントがたまります、。

利用額面の100円または200円ごとに1ポイント付与されます。

貯めたポイントを電子マネーにチャージ出来るのでお得です。

1枚持って安心、Suicaでお買い物まで楽しんで下さい。

どこでも便利な「PASMO」

Suica(スイカ)と並んで首都圏で大好評が高い電子マネーが「パーキングエリアSMO(パスモ)」です。

SuicaはJR東ニホンが広く展開している交通系ICカードですが、パーキングエリアSMOは首都圏の100を超える鉄道事業者が加盟しています。

Suicaと同様に首都圏では昔から相互利用が可能となっていましたが、近頃では全国で相互利用が可能となっています。

パーキングエリアSMOは駅の改札をICカードのタッチで通過出来るほか、電子マネーとしてのシステムも有しているので、買い物等にも利用することが出来ます。

全国相互利用が解禁されたため、近頃では、パーキングエリアSMO1枚持っていれば全戸期の鉄道会社の改札をICで通過することが出来ます。

パーキングエリアSMOはプリペイド式(前払い式)の電子マネーです。

その為、利用する前に「チャージ」する必要があります。

チャージは、駅の券売機や発券機でおこなうことが出来ますし、バスの車の中でも出来ます。

より一層、もっとも容易なのが、コンビニ等のストアーでチャージするやり方です。

パーキングエリアSMO加盟ストアーで「チャージをお願いします」と一言いうだけで大丈夫と言うことです。

「オートチャージ設定」を行なうことで、自分自身でチャージすることなく、改札通過時に自動でチャージがおこなわれます、。

残高が定額を下回ったら、自動的に設定額までチャージし、残高をリバイバルしてくれます。

しかしながら、このオートチャージシステムを利用するには、クレジットカード体型を利用するか、または、ほかのクレジットカードと紐つけを行なう必要があります。

券をわざわざ買うことがなくワンタッチで改札を通れるパーキングエリアSMOはすさまじく楽です。

手軽な電子マネー「iD」

NTTドコモの電子マネー「iD」をしていますか?コンビニをはじめ、レストランやレジャー施設、ショッピングモールやタクシー等での料金のお支払いの際に、スマホやカードをかざすだけで支払いが出来るお手がるなドコモの電子マネーサービスです。

日ごろのちょっとした買い物から手がるに利用することが出来ます。

クレジットカードと紐付けして支払う形になります。

その為、少しばっかりずつですが知らず知らずのうちにポイントがたまっていると言うのがメリットの一つに数えられます。

クレジットカードでの後払い方式で、わざわざ料金をチャージする必要がなく、一定ステップではクレジットカードが利用出来ないばしよでも、クレジットカードでの支払いが出来るので大変楽に利用することが出来ます、。

チャージを行なうこともなく、「iDで支払います」の一言を伝えて、スマホやカードをかざすだけで支払いが可能な電子マネーiDは、現状で、ほかのものと比較したケースにも手がるな支払いやり方で、サインをしたり暗証番号を入力したりする必要がなく、単純かつスピーディな支払いが出来ます、。

残高を心配する必要もないので心置きなく利用することが出来ます。

iDにはポイントが付くと言う概念はありませんが、クレジットカードと結び付けて支払いをおこなうので、クレジットカード自体のポイントがたまっていくと言うことになります。

楽な反面、デメリットとしてはクレジットカードを持ちたくない方や、18歳未満のクレジットカードを申し込めない方等、利用したくても出来ない方がいると言うのがデメリットです。

しかしながら、手がるに使えて楽なのは分かっています。

是非、利用してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください