学生,主婦,フリーター初めてのクレジットカードで審査が通りやすいカードはどれなのか?

初めてクレジットカードを手に入れる

クレジットカードの審査で重要なことはなにか?

現金を手元に持っていなくても、気軽にお買い物ができるアイテムであるクレジットカード。

入会のためにはカード会社の審査を通る必要がありますが、いったいどのような点が重視されているのでしょうか。

無事にカードをゲットするためにも、その基準を知るとともに、申し込みの際気をつけることを解説していきましょう。

大前提として、カード会社にとって一番知りたい情報は、申し込み者の「信用度」です。

たとえ大きな買い物をしても、カードを使う人にお金を延滞することなくきちんと返済する能力があるかどうかを見極めたいのです。

それでは、具体的にどういったチェック項目があるのでしょうか。

まず、過去の他のクレジット会社利用において、返済日にきちんとお金を返済しているか(延滞していないか)を確認します。

そして次に、申し込み者の収入状況は安定的で継続的なものであるかも基準となります。

これは勤務先の情報、すなわち会社名や所在地、勤続年数などを明らかにすることでクリアとなります。

さらには、申し込み者の資産状況も重要となります。担保となりうる資産を持っているかが問われており、特に住宅といった不動産の所有状況は重要となってきます。

以上の基準を、申し込み時に必要書類に記入していくわけですが、どれか1つでも未記入であったり、怪しい情報であると審査が通りにくくなる状況が発生してしまいます。

ウソ偽りなく、正確な情報を書類に記入し提出することが最低限の申し込みとなり、審査を通れば無事クレジットカードの発行となるのです。

初めての人や信用度があまりない職業はどうすれば良いのか?

クレジットカードは信用度が必要ですが、それは作るカードによってその度合は大きく異なります。

プラチナカードやゴールドカードのように万単位の年会費がかかり月々の利用上限もうん百万円あるようなカードでは当然信用度というのはとても重要になってきます。

しかし、年会費無料のクレジットカードではそうではありません。

世の中には学生や主婦、フリーターなど信用度という観点からみると低いと言わざる負えない職種が存在します。

ただ、近年ではそのような職種の方でも作れる、あまり信用度を必要としないクレジットカードが増えてきています。

そういったクレジットカードを申し込むことによってあらゆる属性の方でもクレジットカードを使うことができるようになっています。

学生向けのおすすめクレジットカード

スマートな現金として、一枚あれば重宝するのがクレジットカードです。

「現金を持ち歩くのが心配...」「現金を持ち合わせていない」そんな方の心強いパートナーになってくれます。

高校を卒業後にクレジットカードを作っておきたいと考える学生も多いのではないのでしょうか。

カードを作る際、必ず審査を通らないと作れないことをご存知でしたか?18歳以上(高校生不可)の大学生、専門学生、短大生が対象となり、20歳未満の未成年の場合は親の同意が必要になるケースがほとんどです。

アルバイトをしていれば安定した収入があると判断されますが、アルバイトをしていないと親の収入で判断されるのです。

仕送りは収入と判断されないので注意しましょう。

初めてクレジットカードを作りたい方におすすめなのが三井住友VISAデビュープラスカードです。

通常よりもポイントが2倍、年会費無料、26歳からゴールドカードを持てる至れり尽くせりのカードです。

お急ぎの方でもネットからであれば、申し込みからカードが手元に届くまで最短で一週間というスピーディーな対応です。

審査では自分自身の身元をカード会社に明かさなくてはいけません。

どんな人にお金を貸すのかを知る義務があるからです。そこで審査の際に重要なポイントになるのが「嘘偽りのない情報」なのです。

年収や勤務年数など嘘をついても調べればすぐに分かります。カード会社にこの人は信用できると思わせるためには信頼されることなのです。

フリーター(パート)向けおすすめクレジットカード

フリーターだからといってクレジットカードの審査が通らないわけではなく、安定した収入さえあれば審査をしっかりと行ってもらえるカードを選べばよいのです。

楽天カードやライフカードでは、最初からアルバイトであっても審査可能とホームページで謳っているくらいですから、事実を正確に申告すれば審査が通る可能性が高くおすすめです。

一度に何社も申込むことはせず、同時に申込むのは2社までにしておく必要があります。

続けて申し込んでしまうと、申込ブラックと呼ばれる状況に陥ります。

フリーターが持てるクレジットカードでは、貸金業法や割賦販売法による総量規制に引っ掛からないようにする必要があるので、使いすぎに注意しなければなりません。

作成出来るカードの種類があまり多くは無いので、1枚作成出来たら大切に使用すると良いでしょう。
どうしてもカードの審査に通らない場合の最後の砦として、アコムマスターカードがあります。

消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードですから、キャッシング枠も付いてくることが多いです。

カード会社からすると、ショッピングであればカード利用手数料を加盟店から取れるので、直接キャッシングされるよりも利益が出しやすいからです。

元々が消費者金融ですから、審査段階で聞かれる項目がやや細かいですが、必要な審査となるので正確に答える必要があります。

フリーターにおすすめのカードは、年会費無料でアルバイトOKを謳ったタイプを選ぶと良いでしょう。

主婦でも作るれるクレジットカードのおすすめは?

クレジットカードといえば、以前は自ら働いていなければ自分の名義で作れなかったものですが、近年は主婦でも作れるようになりました。

専業主婦と兼業主婦では作れるカードの種類は異なります。

兼業主婦では、自身の収入を基準にして審査をかけるので一般的なカードであればどれでも申込みは可能です。

利用可能額の設定は収入の大小によって決まることになります。

専業主婦でも作れるクレジットカードとしておすすめなものは、年会費が無料のカードです。

ステイタスカードとは異なり、流通系やスーパーなどの生活に密着したカードであれば、専業主婦は配偶者から扶養されているので配偶者の収入額により審査が可能となります。

内職をしているなどのちょっとした収入がある場合には、個人事業主登録をしているかで判断が分かれるでしょう。

カード会社が知りたい情報は、内職の有無ではなくカードを発行してもしっかりと支払いが出来る経済力があるかどうかです。

個人事業主の場合には税務署に届け出ているので、事業所得による申告額が基準となるのでかえって自分の名義では作りにくくなるでしょう。

主婦でも作れるクレジットカードには、日常生活で必ず発生する公共料金や通販利用時の料金などを集約管理することで、ポイントを多く貯めることが出来ます。

カード会社としては、家計全体の費用をいかに多くカードに集約してもらえるかが売上アップに繋がるので、専業主婦だからという理由で審査を通さないことはありません。

まずは、年会費無料の流通系カードを作ってみることから始めると良いでしょう。

社会人になって初めてクレジットカードを作る人が知っておきたいこと

社会人になり、様々な場でクレジットカードがあればという機会が増えてきます。

キャッシュレスで支払いができ、またネットショッピングではカード支払いをすることで手数料や送料が安くなるなど特典も多くあります。

しかし初めてカードを作る際に、覚えておきたいことや注意したいことがあります。様々なクレジットカードがあるからこそ、申し込む際には自分に合った、またお得なカードを選びたいものです。

まず、カードを作る際にかかる手数料は基本的には無料です。しかしカードによっては年会費が必要となるところもあります。

年会費が還元されるほどの利用があれば話は別ですが、初めての場合は年会費や発行手数料が無料のものを選ぶのがおすすめです。

またカードは「現金がなくても買い物ができる」のではなく「きちんと支払いをすることを前提にカードで支払う」、カード会社との信用によって成り立つものです。

自分の支払い限度を超えるような使い方をしないように心がけるとともに、回数払いなどをした場合は手数料もかかることを忘れないようにしましょう。

クレジットカードを作る時に必要となるのは、支払いをおこなう銀行口座、印鑑、運転免許証や保険証などの身分証明書です。

最低限その用意があれば、誰でもカードを作ることができます。ただしネット銀行での支払いはできない場合があります。

しかしカードは紛失や盗難が心配で作りたくないということもあるでしょう。

カードには全て紛失や盗難の保険が付帯しています。

その点は安心できますので、利用者が多いなど信頼のできるカード会社で1枚作ってみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください